読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっつん◆SW1/SWF8io が再起動するようです

ブログを使って日々勉強するよ!

mxpファイルのSpecialButtonをFlash CCで利用可能にする(できた)

mxpファイルのSpecialButtonをFlash CCで利用可能にする(できませんでした)

の続きです。

 

mxiファイルを探す

エクスプローラでzxpファイルのフォーマットを見てみると、

どうやら「Adobe Zip Format Extension Package File」というパッケージングになっている模様。ってことは拡張子を.zipすれば普通に解凍できるんじゃないかなーということで試してみたら成功。

 

mxiファイルを開いてみる

テキストエディタmxiファイルを開いてみると、どうやらxml形式のファイルのようだ。

タグにmacromedia-とか書いてるあたり時代を感じるなーと思いつつ、1行目の文字コードが「<?xml version="1.0" encoding="Shift-JIS"?>」であることに気づく。

今どきShift-JISってものアレなので、ひょっとしたらこれが原因かも?と思いつつ

いろいろググってみたところ、Sparkプロジェクト内にmxiファイルフォーマットの邦訳らしきものにたどりついた。で、中ほどに

 

エンコード文字

 

もしExtensionManager5.0でMXIファイルから明示的なエンコード情報を取得できなかった場合、ExtensionManagerは、MXIはオペレーティングシステムのデフォルトコードページでエンコードされていると決め込みます。混乱を避けるために、MXIはUTF-8エンコードし、明示的にUTF-8としてMXIのエンコードを宣言することをお勧めします。

 

とのソースがあったので、文字コード宣言をShift-JIS→UTF-8に変えて、ファイル自体もUTF-8にして上書き保存。

 

zxpファイルを作り直す

保存し直したmxiファイルダブルクリックすると、関連付けられているExtension Managerによりzxpパッケージ化が行われるので、適当なフォルダに保存します。そして最後に、改めてCC版のExtension Managerを起動し、メニューバーの[ファイル]→[拡張機能をインストール]から作り直したzxpファイルを指定すると・・・

 

 

 

できた!!

というワケで無事にFlash CC上でSpecialButtonが利用可能になりました。